2017年08月21日

FUJIFILM X-T2

というわけで、とうとう買いました。

FUJIFILM X-T2を!!

IMG_2317.jpg

そのときの勢いで《OM-D E-M1》を手放してから8日。約一週間。仕事が休みの日にして3日(休みだった日は14日、17日、21日)ですか。一応、長かったってことになるのかな。趣味として謳っているものが手元になかったことになるわけですから。

で、実際に開けてみると、こんな感じ。

ジャン

IMG_2320.jpg

ジャジャン

IMG_2321.jpg

ジャジャジャン

IMG_2323.jpg

ジャンジャンジャンジャン

IMG_2324.jpg

ジャ〜ンと

IMG_2325.jpg

これにストラップを付けてこんな感じになります。

IMG_2328.jpg

ストラップは《OM-D E-M1》を使っていたときに使用していた物をそのまま流用。肩や首からさげるというのが好きではないので、ネックストラップや付属のショルダーストラップは使いません。

レンズはまだ手元に届いていないので取り付けていません。本体は保護フィルムを自分の手ではなくお店で取り付けてもらいたかったのと、レンズと本体を店から自宅まで持って帰るとなると結構な労力になるだろうということから、本体はお店で受け取って、レンズはネットで購入して自宅まで配達してもらうということにしました。

ちなみに購入したレンズは、

フジノンレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR



XF レンズフジノンレンズ XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR

の二本。

標準ズームレンズはともかく、「あれ.望遠ズームレンズは買わないんじゃなかったの?」というツッコミを受けてしまいそうですが…。

大三元レンズという言葉と《X-T2×望遠ズームレンズ キャッシュバックキャンペーン》に負けました

だって、3万円も現金が戻ってくるんですもの。『この機会に買っとかなきゃ損でしょ』なんて心理が働いてしまって。よくよく考えたところで、キャンペーンの対象になっているX-T2と《XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR》の総額の1割にも満たないんですけどね。ほんと、

カメラの購入になると,金銭感覚がバカスカに壊れちゃいます

コワい、コワい。

この購入で、大三元のレンズはあと広角のズームレンズだけとなるのですが、現在のところフジノンレンズは《XF10-24mmF4 R OIS》のF4しか出ていない。富士フイルムの《Xマウントレンズ ロードマップ》を見る限りでは平成30年に超広角ズームレンズが発売されそうなので、それがF2.8なのに期待するってところですかね。なので、しばらく広角レンズに手を出すことはないかと思います。

さて、今回のこの買い物。自分でも、『やっぱムチャしたなぁ〜』とは思いますよ。なんせ、明日からは仕事が5連勤だったりして、撮影に出かけるということもしばらくは出来ませんからね。でもね、心理的に色々と働いたものがあったんですよ。まずは、

1.自分の環境を変えたい

なんか、最近、心が、生活が、人生が行き詰まっている気がものすごくしてね。今、興味をもっている《引き寄せの法則》の中で《現状を変えたいのなら今ある環境を変えるのが一番だ》と言われていて、その中でも、《断捨離も今ある環境を変えることになる》ということで《OM-D E-M1》を手放してX-T2に買い替えたわけです。カメラが自身の収入源ではなく趣味のものであっても、マウント替えなんてカメラ的に見たら大きなことらしいですしね。こんなことでも、やって自分の現状が良い方向に向かうならしめたもんです。

2.財政的なもの

20日の時点ですが、私の総資産が2,329千円。それに対して自己資本が1,835千円で、自己資本率が78.7%だったんですよね。それに今日購入したカメラ本体とレンズ2本を足しても、総資産が2,777千円に自己資本は変わらずの1,835千円なら自己資本率は66.0%。一説によると、今日の購入を考慮に入れても、『自己資本率は40〜69%の優秀企業という扱いになるので,財政的に見ても悪くはないよな』と考えたのも購入に踏み切った一つの理由です。ま、個人の財政事情を一般企業と同じように考えるのもどうかとは思いますけどね。

そして、次がやっぱり一番の動機になるかもしれない。

3.ホレてる女性に,「趣味はなんなんですか?」と聞かれて,「カメラかな」と答えたから

昨日の話なんですよ。だから、カメラは所持してなかったんですよ。でもね、一週間前まではちゃんとカメラも所持していて、去年の8月からカメラも所持していて撮影にも出かけたりしてたんですよ。相手の女性にはちゃんと、「今はカメラを持っていなくて,買おうとしてる」と、ちゃんと話しましたよ。

ここまで言ったんだから,やっぱりちゃんとカメラを所持してなくちゃいけないじゃないですか

でもホント。これが、今日カメラを購入した一番の動機になっているかもしれない。

男ってホレた女性には敵わないですね
posted by つーじーわい at 21:24| Comment(0) | お買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石山駅(16/11/11)

PB111253.JPG
ISO 200 12mm(35mm換算:24mm) 0 ev f/8 1/640


関連記事
2017年07月16日 石山駅(16/11/03)

関連カテゴリ
定点写真(石山駅)
posted by つーじーわい at 18:34| Comment(0) | 定点写真(石山駅) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

手放した

何をって、

去年購入した《OM-D E-M1》

です。購入してからまだ一年しか経っていないんですけどね。クレジットでの支払いがまだ残ってるんですけどね。

センサーサイズが大きなカメラが欲しいという欲望に負けてしまいました

8月4日にCanonからフルサイズセンサーの《EOS 6D Mark II》が発売されたでしょ。もうそれ知って、『やっぱ,センサーサイズの大きなデジカメ欲しいよなぁ〜』という思いが募ってしまったわけです。

一昨日までは《OM-D E-M1》を売るなんて考えもしなかったんですよ。昨日の夜にこんなこと考えついてしまったわけです。今日、明日と仕事が休みというのもあるからかなぁ〜。

ここ最近、『今ある現状を変えないと,この先の自分の人生が良いものになるなんてなさそうだよなぁ〜』という思いもあったり。『今持っている物を手放して新しい物に変えるのも現状を変えるってことになるのかなぁ〜』という思いもあったり。『新しいカメラをクレジットで買ったとしても(現金という実弾はありません)なんとかなるかぁ〜』という思いもあったり。

そんなわけで、

《OM-D E-M1》を売却しました

今はコンデジよりもグレードが高いデジカメはない状態です。だから、それなりの撮影活動は出来ません。先ほども言ったように明日、そして今週はもう一日休みがあります。そのどちらかで新しいデジカメを買うことになるとは思いますけどね。

今、買おうと考えているのは、

富士フイルムの《FUJIFILM X-T2

もちろん、Canonの《EOS 6D Mark II》も良いんですよ。でも、やっぱり、一眼レフのフルサイズはデカイし重い。去年の春頃に腱鞘炎をやったときに、デジイチを持ったら腕に痛みが走ったというイヤな記憶はまだ覚えてますしね。腱鞘炎が治った今でも。また、『どうせなら大三元のレンズ揃えたいよな』なんていう考えから(撮影の腕はもちろん無視ですよ)『フルサイズでそんなレンズ揃えようとしたら破産するよなぁ…』という考えから、

買うならセンサーサイズがフルサイズは無理でも,マイクロフォーサーズよりも大きいAPS-Cを搭載している富士フイルムのミラーレスか

という考えに落ち着いたわけです。ミラーレスでもフルサイズのイメージセンサーを搭載しているSONYという選択肢もあるんでしょうけど、SONYのミラーレスも大三元のレンズを揃えるのは値段的に難しそう。そして、RAWファイルでの保存が出来なさそう。という理由からSONYのミラーレスは敬遠することになりました。

さて、買おうと思っている富士フイルムのX-T2。

私自身がデジカメを選ぶ理由の一つにしている,《手にしっくりとなじむ》というのには『少し外れているかな』と思う

のですが、まぁ、すべてのニーズを満たしてくれるカメラなんてのはさすがにないでしょうしね。富士フイルムのミラーレスの中でも、私の《手に〜》という思いに近いのはこのX-T2でしたし。それに、

X-T2は外観がメカニカルでなんかカッコ良いよな

とも思いますから。

そんなわけで、近いうちにX-T2を購入しようと思っています。

さて,レンズはどれを買おう?
(^-^;


関連記事
2016年08月14日 OM-D E-M1
posted by つーじーわい at 23:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

買おうかな

何をかって言うと、

新しいデジカメを

です。

いや、ちゃんと《OM-D E-M1》も《IXY 650》も動いているんですけどね。

ただ、

《EOS 6D》の後継機,《EOS 6D Mark U》が発売される

ってのを知っちゃったものでね。カメラのことをある程度でも知ってしまうと、

やっぱりセンサーサイズの大きなカメラに憧れてしまうもの

なんですよ。

でも、よくよく考えてみると、

自分は外出するときは極力荷物を少なく,軽くしたい

という考えをもっていたりするわけなんですよね。去年の夏に《OM-D E-M1》を購入するのに至った理由にも、

デジイチを持って,重さに左腕が痛いと感じた(まぁ,このときは腱鞘炎を患っていたというのもありますけど)

というものがありました。それが原因でミラーレスにした覚えもあります。

カメラのことを学んで、《レンズの大三元》なんてことも知ってしまって、

F2.8通しのズームレンズを揃えてみたいな

なんてな欲望もあったりするわけなんですが、先ほども言った《外出するときは極力荷物を増やしたくない》という理由から、

広角と標準のズームレンズはF2.8にしたいけど,望遠はコンデジで思いっきりズーム出来るやつにすればいいかな

なんて、いかにも中途半端な考えをしてしまったり。

それならそれで新しいカメラなんて買う必要はないんですけど、

ここに来て、

富士フィルムのミーラレスに惹かれてる

自分がいたりして。なんてったってセンサーサイズがAPS-Cなんでね。知識があるからこそ考えてしまいますよ。

自分の腕はそっちのけにしても

ね。それよりも何よりも思うのは、

自分に誕生日プレゼントらしき物買っておけばよかったってこと

あぁ〜あぁ〜。
posted by つーじーわい at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石山駅(16/11/03)

PB031248.JPG
ISO 200 12mm(35mm換算:24mm) 0 ev f/8 1/640


関連記事
2017年08月21日 石山駅(16/11/11)
2017年07月03日 石山駅(16/10/26)

関連カテゴリ
定点写真(石山駅)
posted by つーじーわい at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 定点写真(石山駅) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

占い

7月に入ってからのここ数日間。そんなものにハマっていました。

有料のものにも手を出しちゃったり

とかしてね。

今まで占いなんてテレビの星占いを見る程度で、結果も真剣に気にすることなんてありませんでした。

ここ最近の自分は本当に追い詰められていたんだな

と思います。

占いの結果はと言うと、

自分にとって望むような内容だった

のは本当にありがたかったですね。読んでて救われた気がします。

人によっては、

世の中の物事は表裏があるんだから,裏のない占いは意味がない

なんて考え方もあるそうですけどね。

いいじゃないですか。占いの結果で、仕事なり、日々の生活なり、

恋愛なり

にやる気になれればね。

さぁ、明日からもガンバろう。
ラベル:占い 恋愛 有料
posted by つーじーわい at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

思う

手にしたいものがあるから頑張れる

叶えたい願いがあるから頑張れる

でも、

いつまで経っても手にさせてもらえない

どうしたら叶えさせてもらえるのかもわからない

そんなんだから、

やる気もなくなる

色々なものがどうでもよくなってくる

そして、

生きていることすらバカみたい

なんて思ってしまう。極端なのは承知していますけどね。でも、

自分にとって『守りたい』,『守らなきゃ』と思えるものが何一つないから,本当にどうでもよくなってくる

あぁ、ツラい…。
posted by つーじーわい at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

写真(16/09/29)

久しぶりの写真の更新。あとがつかえてるのでサクッといきます。

IMG_0175.JPG
IXY 650
ISO 400 49.87mm 0 ev f/7 1/320

まずは近江塩津駅で撮ったカラス。もっとアップで撮れると良かったのですが、持っていたコンデジでもここまでのアップが限界でした。もっとズーム出来るコンデジ買おうかなぁ〜。

P9290634.jpg
E-M1
ISO 800 40mm 0 ev f/2.8 1/1250

永原駅で電車待ちしているときに撮った列車。珍しく試運転の列車が来たので撮ったのだと思います(半年以上前のことだし覚えてねぇ〜)。ボカシを効かせられるようなアップじゃないから、もう少し絞っても良かったかも。

P9290645.jpg
E-M1
ISO 800 40mm 0 ev f/2.8 1/1600

マキノ駅の入り口で撮った花。もちろん花の名前はわかりません。この日撮った中では一番カメラの醍醐味を生かせた写真。とは言っても、ただボケてる部分があるってだけだったりしますけどね。

P9290677.jpg
E-M1
ISO 1250 12mm 0 ev f/2.8 1/8000

近江中庄駅で撮った空。自分はこういう風景を撮るのが本当に好きなんだなと思います。でも、撮影データを見ると1/8000て…。もしかしたら露出オーバーだったかもしれませんね。

そんなこんなの2016年9月29日の写真でした。また一から写真の勉強し直すか。去年の12月以降は本当に撮影する頻度減ってしまったしね。
posted by つーじーわい at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思うこと

ここ最近、テレビなどで犯罪のニュースを見ていると、なぜだか、

この犯罪者の方が自分よりも良い人生送っているんだろうな

などと考えてしまいます。もちろん、なんの根拠もないんですけどね。そして、

犯罪を犯すことなく人生送ってる自分がバカみたい

などとも考えてしまったり。いや、この考え自体がバカなのは理解はするんですけどね。

でもね、

自分が手にしたいものは一向に手にすることが出来ない

「何言ってんの?」とツッコまれるのはわかっていますけども、『これが手に出来ていたらな』と思えるものは一向に手に出来ない。

少し話は逸れますが、去年の暮れに父が亡くなりました。父が亡くなった日の夜、遺影や葬儀に使える写真を探すという目的のもと、父の遺品の整理みたいなことをやっていました。そのときに出て来たのは、『これ,いつ使うんだよ?』と思ってしまう母と私にはいらないと思える物の山。それらの物は今もすべてが片付けられているわけではないのですが、そのときに思ったのは、

こうやって人の秘密って暴かれていくんだな

ということ。もっと具体的に言うなら、

本人にとって他人に見られたら困る物,見つけられたら困る物が白日のもとに晒されるんだな

ということでした。断捨離とまではいかなくても片付けって本当に大事かも。

それ以来。もし自分に何かがあって、遺品の整理という名の下に片付けをされたときに見られたら困るだろうという物は買わないようにしてきました。それと同時に、

いらない物は手にしないようにしているんだから人生が良くなっていくだろう

と信じ込もうとしてみたり。

今までいらない物を手にしすぎていたから人生が良くならなかったんだろう

と思ってもみたり。ま、鶏が先か卵が先か、なんですけどね。

でも、

やっぱり自分の手にしたいものは一向に手に出来ない

そんな状況にやる気も出なくなっているここ最近。今の状況を覆せる起死回生が欲しい。
posted by つーじーわい at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

出かけてみる

せっかく休みなんだし出かけなきゃ

という思いと。

カメラあるんだし写真撮らなきゃ

という思いと。

一日を良いものにしなきゃ

という思いから…。

伏見稲荷まで写真を撮りに行ってきました

なんでまた伏見稲荷になったかと言うと、ランチパスポート滋賀の使える地域でコレといった所がなかったのと、今までに一度も行ったことがなかったからです。

実際に行ってみて思ったのは、

人多い!!

というのと、

多国籍,多国籍

ということ。

あらかじめ伏見稲荷に行くのにどの駅で降りたらいいかを調べた(そこからなんですよ。自分の場合は)ときに見たのが《平日でも昼の時間帯は割と混んでいる》という情報でした。『夏休みにも入っていない7月の初めの平日なのにそうなの?』と思いながら現地に行ってみると、

伏見稲荷は人,人,人

でした。

伏見稲荷はもう駅の目の前というのにも驚きましたけど、人の多さには本当にビックリ。観光地というだけあって、修学旅行生らしき学生やら、カメラを持った人やら、外国人やら。なかでも外国人の多さはすごかったですね。5月に大阪に行ったのですが、そのときだって外国人を認識するということははほとんどなかった気がします。でも、今日は数分に一度は外国人の方とすれ違ったり、外国人の姿を見るという。しかも、国籍はありとあらゆる方々。伏見稲荷という一つの場所の中だからこそかもしれませんが、一日の中でこれだけ外国人の方々の姿を見たのは初めてでした。

さてさて。伏見稲荷の中に入り、お参りもし、有名な千本鳥居を通り、写真を撮りながら(写真はまた別の記事で)そのまま伏見稲荷の入り口あたりまで戻ってくるものだと思っていました。でもね。そこで見ちゃったんですよ。

稲荷山

という文字を。それ見て思っちゃいましたよ。

せっかくここまで来たんだから登ってみよ

なんて。

一応、ちゃんと山頂まで行きましたよ。でもね、そんな予定なんてしてなかったから、

もう,汗ダラダラ

いくら道が舗装されてるとは言え、さすがにキツかった。だって、そんな予定なんてしてませんでしたしね。

山登るならカメラみたいな荷物を持って来なきゃよかった

とまではさすがに思いませんでしたが、『持ってたカメラがミラーレスでよかった』とは思ってしまいましたね。山道歩いていて目についたのはスカート姿の女性や、観光の流れで着て来たであろう着物姿の女性。

よくそんな格好で登ってきたよな

とは思わずにはいられませんでしたよ。女性ってすごい。

途中、《山の清浄のためにゴミはお持ち帰りください》というような看板をあちらこちらで見ましたが、

あれだけ自販機置いておいて,社やら鳥居やら人工物建てておいてそれかよ

と思わずにはいられませんでしたね。

そんなこんなで山頂まで行き、無事に下山(山登りだしこの表現でいいか)。昼食でもとろうかと思い近くの屋台や食堂などを見てみるも、どうにも食べる気になれない。屋台や場所柄などから値段が高めというのもあるかもしれませんが、

一人だとハッチャけた行動がどうしてもとれない

結局、伏見稲荷まで来て、この界隈で飲み食いすることは一切なく、京都駅まで戻って昼食とりましたよ。

『やっぱ出かけるのは一人じゃダメかなぁ〜』と思うとともに、

これだけ女性とすれ違っていて出会いなんて一つもないな

と思ってしまった今日でした。

ま、伏見稲荷でそういうこと求めるのが間違いなんですけどね。
ラベル:伏見稲荷
posted by つーじーわい at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする